- パチスロ初心者育成講座

パチスロ初心者育成講座 ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチスロはクジ引きと同じではない

パチスロ初心者にありがちなのは、スロットの確率というものをクジ引きと勘違いしている事です。

本来クジ引きというのは、クジを引くとハズレクジが抜けるものです。
300本のクジ引きで、ハズレが299本。当たりが1本あった場合。
パチスロ初心者は、1本引くと299本に減ると勘違いしています。

パチスロのクジ引き原理

実は違います。

パチスロの抽選は、ハズレクジはそのまま、また箱に戻すのです。
つまり、いつでも300本の中に当たりは1枚の勝負を、毎ゲームしています。
言い換えれば、いつでも300本のクジ引きを、毎ゲームしているのです。

要するに、パチスロもパチンコの確率も、常に一定なんです。

これくらいハマったから、そろそろ当たりそうではなく
いつでも一定に抽選されているのです。

逆に連荘しても、すぐに当たる台もあります。
これもいつでも平等に抽選されているからです。

では一度このページを見てください。⇒パチンコ初心者完全ガイド

ここで上このようなクジ引きの原理が画像付きで説明されています。
興味がある方は、是非を読んでみる事をお薦めします。

そう考えると、ハマったから当たりそう。連荘したからヤメた方が良い。
などの馬鹿な考えには辿りつかないでしょう。


パチスロの確率を理解すれば、本当にコンスタントに勝つことが出来るでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。