なぜ高設定に座る必要があるのか? - パチスロ初心者育成講座

パチスロ初心者育成講座 ホーム » スポンサー広告 » スキルアップを目指す » なぜ高設定に座る必要があるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ高設定に座る必要があるのか?

目先の事だけを考えて負け組で良いのであれば、高設定に座る必要はありません。
ですが、コンスタントに勝つ事を目的とした場合は別になります。

コンスタントに勝つ=常勝

毎回勝つのは誰でも無理があります。
ですが、月単位で常勝に繋げる事は出来ます。

その為に必要なのが、第1に高設定に座る必要です。
ここがクリア出来ないのであれば、常勝には繋がりません。

朝からの稼動であっても、夕方からの稼動であっても、とにかく高設定に座らなければ負けてしまいます。

では、なぜ低設定では駄目なのでしょうか?

そもそもパチスロには設定が6段階あります。
その設定に応じて、機械割というものが決まっています。

機械割とは、メダルの払い出し率(ペイアウト)を指します。
これは、投入した累計枚数に対し、投入枚数を100%として「払い出された枚数/投入された枚数」で求められる数値になります。

判りやすく言うと、500枚メダルを投入して、500枚払い出されれば機械割は100%ですね。
等価交換で換金すると、プラスマイナス0です。

これが500枚メダルを投入して、300枚しか払い出されなければマイナスになります。
このパーセントを定めたものが、機械割となります。

一般的に、設定1~3が、100%以下。
設定4~6が100%以上の傾向があり、以下を低設定。以上を高設定と呼びます。

当然100%以下の低設定に座れば、メダルを投入しても投入した以上のメダルは望めません。

その為、安定して勝つには、高設定に座る必要があるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。