こんな症状は禁断症状 - パチスロ初心者育成講座

パチスロ初心者育成講座 ホーム » スポンサー広告 » パチスロ初心者の行動 » こんな症状は禁断症状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな症状は禁断症状

パチスロ初心者が一番陥りやすいのは、パチスロ依存症です。

どんな症状かと言うと、ただ根拠の無い自信で「今日は勝てる」「今日こそ勝ってやる」という意気込みだけでパチスロをしてしまう行為です。

この行為が行き過ぎでなければ問題ありませんが、自分では知らない間に消費者金融などからお金を借りたり、親のお金を盗んだりしてまでギャンブルにのめり込んでしまっている人は要注意です。

今回は実例として、実際にあった話をお伝えします。

パチンコ・パチスロ依存症の克服
こちらは、パチンコ・スロット依存症を克服した自身の体験記になっています。

この話は、私のごく親しい人の本当のお話です。
彼は独自の方法で依存症を克服し、貯金まで作り、さらに現在は飲食店で専務として働いています。

本当に赤裸々に綴られていて、彼がこんなに苦労していたと知った時には私は泣いてしまいました。

勝ちたいのなら遊ばない。
遊ぶなら勝ちたいと思うな。


それが今回私が話したい事です。

このような依存症になる前に、一度自身に当てはまる部分は無いか、必ず見極めて下さい。

いいですか?

勝ちたいのなら遊ばない。
遊ぶなら勝ちたいと思うな。


これをよく覚えておきましょう。
パチスロで勝つことは、遊びではありません。
勝つためには、遊びを捨てなければなりません。
そこをよく覚えておきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。