99%の低設定を打っている事実 - パチスロ初心者育成講座

パチスロ初心者育成講座 ホーム » スポンサー広告 » パチスロ初心者の行動 » 99%の低設定を打っている事実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99%の低設定を打っている事実

パチスロ初心者から、ちょっとかじった人にありがちなのが、根拠の無い自信です。
少しデータ機器を見て、何となく台の確率を解ったりしていたとします。

その確率だけを重視して、台に座る。
それが高設定だと思い込んで、全投資する。

これは果たして高設定なのでしょうか?

最初にお話しした場合、何も考えず直感で座る。

これも果たして高設定なのでしょうか?

答えはNOです。

大抵の場合、99%の確率で低設定に座っている可能性が高いのです。

前者の場合、確率が良かったのであれば、何故その台は空いているのでしょうか?

答えは簡単。
その前に実践していた人が、低設定だとある程度の確信を持って止めたからです。

つまり低設定に限りなく近いのです

後者の場合、言うべきことは何もありません。

何台ものパチスロ機の中で、直感で座った場合、果たしてどれだけの確率で高設定にめぐり合えるのでしょうか?
そもそもお店は本当に高設定を使っているかどうかさえ怪しいとは思いませんか?

何も情報がない=99%の確率で低設定を打っている可能性が高いのです。
せめて情報だけでもわかれば、この事態を回避して行く事が可能です。

99%が70%になり、50%…40%…30%…
そうして、低設定から逃れ、いかに高設定を打っていけるようになるか?

これがパチスロ初心者から脱する、第1歩になるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。